dさんの写真日記 犬山市街プチ歩き
FC2ブログ

犬山市街プチ歩き

知り合いの方のクラブの写真展が犬山市街地の古民家磯部邸で開催されているので、鑑賞に行ったついでに少しだけ
街歩きを楽しんできました

我が家の菩提寺は、犬山の本町通りを南下した通り沿い出来町地区にあるので、寺の駐車場に車を置いて街歩きを楽しみながら会場に向かった

少し北へ向かって歩くとすぐ外町地区に入り、目に飛び込んできたのが、犬山名物げんこつ飴の総本舗である
ちなみに、犬山には他にもう一軒げんこつ飴を作っている店があるが、この店が本家で屋号は【厳骨庵】となっているが
我々子供の頃から、【もりかわのげんこつ】と呼んで親しんでいた

この店は昭和の頃から、変わぬ佇まいで、この町で育った私には懐かしい
18-05-22-01.jpg

さらに少し北上すると、下本町地区に入るが、この地区は昭和40年代に、共同店舗化してしまったのが仇となって
今では、ご覧のように殆どの店が廃業に追い込まれてしまった
18-05-22-02.jpg

下本町地区を通過すると、駅前通りとの交差点を挟んで、本町地区に入る
この地区は、商店街が昔のまま、残っていたのが幸いして最近の古い町並みブームで、休日ともなれば車両通行止めになって
観光客でごった返している

邪魔な電線は埋設され、建物はそのままで、店先を借りて我々子供の頃には、なかった店が立ち並んでいる
18-05-22-03.jpg

18-05-22-04.jpg

この建物は、元呉服店だった記憶です
18-05-22-05.jpg

犬山祭りに使用する【山車】を保存しておく建物でして昔は、祭りが終わると解体して保管して、祭りの4~5日前に組み立てられていた
18-05-22-06.jpg

少し歩くと、目的の磯部邸に到着した、この店は昔はお茶を販売していて屋号は【柏屋】であった
18-05-22-07.jpg

以下磯部邸内部です
18-05-22-08.jpg

18-05-22-09.jpg

18-05-22-10.jpg

京都でもそうだが、どの店もウナギの寝床と呼ばれるように、狭くて奥が深い
18-05-22-11.jpg

突き当りの土蔵の中で写真展は開催されていた
18-05-22-12.jpg

写真を鑑賞した後、折角なので、犬山城の見えるところまで、北上してみることにした
18-05-22-13.jpg

この場所まで歩くとやっと犬山城が見えてきたが手前にあるビルが景観をブチ壊している
この建物は、犬山市の福祉会館で昭和40年代に建てられたが、今では老朽化が進んでいるので、近く取り壊されるとのこと

以上、市街地をプチ歩きしたが、懐かしい昔の町並みではなくて、すっかり様変わりした、観光用の町並であった

18-05-22-14.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは!
 
電線が地中化された当初は、すっきりしすぎて物足りないような
感じがしたものですが、今では、すっかりなじんでいい感じですね。

犬山大好き!
時々出かけて散策楽しんでます。

ulalaさん

コメント有難うございます。

お互いに犬山は懐かしいですね、
私は仕事で本町通りを時々通過しますが、歩くのは、数年ぶりです
プロフィール

dさん

Author:dさん
詳しいプロフィールは
下記QRコードでご覧下さい

18-03-28更新

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR