dさんの写真日記 サンコウチョウの子育て
fc2ブログ

サンコウチョウの子育て

今回は、孵化したヒナに給餌するサンコウチョウを撮影しました

この巣は、天気が良ければ結構明るいのですが、当日は時折雨がパラツク不安定な天候で、うす暗かった

巣に入る瞬間を撮影したかったので、ISOを10000に設定して何とかSS1/1000を確保して撮影したのですが
ノイジーな写真ばかりになってしまった

リアルタイムトラッキングの性能を試すのが目的でした

このカメラの許容ISOは、どれくらいかまだ掴んていない
21-07-03-01.jpg

21-07-03-02.jpg

21-07-03-03.jpg

21-07-03-04.jpg

21-07-03-05.jpg

21-07-03-06.jpg

オスですが、どうした訳か尻尾が短い
21-07-03-07.jpg

21-07-03-08.jpg

21-07-03-09.jpg

21-07-03-10.jpg

親が巣に入る直前で、現場にいるカメラマンが一斉に連写する
21-07-03-11.jpg

このような瞬間的な写真では、リアルタイムトラッキングのテストにはならないので

機会があれば飛翔中の小鳥で試したい
21-07-03-12.jpg

21-07-03-13.jpg

21-07-03-14.jpg

21-07-03-15.jpg

情報によれば、孵化して4日目とのことで、あと3~4日で巣立ちとのことです

天敵から身を守るため、まだ羽も生えそろわないうちに急いで巣立たねばならない、自然界の悲しくて厳しい摂理です
21-07-03-16.jpg

21-07-03-17.jpg

以下2枚は抱卵が始まったばかりの時に撮影しておいた写真で

カメラはDSC-RX10M4+1.7Xフロントテレコンですが、画質はα660+SEL200600Gと比べてかなり健闘している
21-07-03-18.jpg

幼鳥たちが無事育って、親鳥と一緒に遠い南の国に旅たち

来年、自らの子育てのため、当地に戻ってくることを願いながら、帰路についた
21-07-03-19.jpg
子育て中の機材はα6600+SEL200600G・・・画角は400mmから、600mm(換算600mmから900mm)に設定して撮影しました
最後の2枚は、DSC-RX10M4+1.7Xフロントテレコン画角は1020mm
撮影モード:RAW
AF設定:リアルタイムトラッキング中央
現像ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro10

育児中の撮影日:2021年6月30日

いつもご覧頂き有難うjございます

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
サンコウチョウの子育て、このような絵を見ると心が動きますねー。
なんて素敵な瞬間なんだろう、命をつなぐ行為の素晴らしさを感じますね。
何事もなく育って欲しいものです。

No title

dさん おはようございます。
サンコウチョウの子育ての様子が撮れてよかったですね。
α6600 RX10M4 も どちらも暗いところなのに頑張ってますね。
これだけ写ったら フルサイズは不要ですね。
素晴らしいですね。
特に 飛翔シーンがブレないで撮られているのは流石と思いました。

さゆうさん

コメント有難うございます。
おっしゃる通り、無事巣立ちして、親に連れられて南の国に旅立ってほしいですね

うささん

コメント有難うございます。
私は、焦点距離欲しい派ですから、APS-C機しか買いません・・・←負け惜しみ

フルサイズ機とAPS-Cの画質の違いは私如きには判別できません
APS-C機でもサンニッパ等の高級なレンズで撮影すれば、フルサイズ機で安いレンズを使って撮影するより綺麗に
撮影できますから

誰も口を揃えてカメラよりレンズの良し悪しが写りには大きく左右すると云いますから

SEL200600Gは、安くて暗いですが、描写は一流ですね、最近の鳥撮り現場では
必ず2人や3人は見かけるようになりましたね

今回は、SSを稼ぎたくて、無理やりISO 10000で撮影しましたが
出来れば5000くらいで撮りたかったです

プロフィール

dさん

Author:dさん
詳しいプロフィールは
下記QRコードでご覧下さい

18-03-28更新

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
コンパクト月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR