dさんの写真日記 久しぶりのカワセミ撮影

久しぶりのカワセミ撮影

昨年の夏依頼 久しぶりにカワセミ撮影に成功しました

その間 何度も撮影に訪れていますが、一向に姿を見せずシャッターを押さずに帰る日が続いていました

こうしてカワセミのダイビングシーンをブログに掲載していると、一眼カメラを買えばだれでも

こういった写真が撮れるようにお思いの方も、いらっしゃると思いますが、実はそんな簡単なものではありません

以下カワセミ撮影の涙ぐましい苦労話を少々


まず場所の選定ですが、いたずらにフィールド内を歩き回っても疲れるだけなので

カワセミがよくダイブする場所を何度も通って調べる必要があります

場所を選定しても、毎回カワセミが現われる保証はなくて、半日待っても一度も姿を見せない日もザラです

そして、現われても枝にとまったまま30分以上動かず、

その間カメラを構えたまま息をひそめて待った挙句、ダイビングせず飛び去ることも、しょっちゅうです。

そして、やっとダイビングしたからといって、ピントが合う確率は2~3割程度です

更に、ピントが合ったからといっても、このように魚をくわえて飛び出す確率は2~3割くらいです

今回はラッキーに一発でピントがあって魚もくわえていました
17-03-21-01.jpg

17-03-21-02.jpg

カワセミのダイビングシーンを撮影するには連写の早いカメラが有利でして、幸い我が愛機は12コマ/秒で撮影できる
17-03-21-03.jpg

連写が早いだけで、ピントが合うのに時間がかかるカメラでは不利でして、

AFが遅かったソニー機もやっとニコンやキャノンのカメラに肩を並べたようです
17-03-21-04.jpg

動きの速いカワセミをファインダーで捉え続けるには、私のような鈍くさい人間は手持ち撮影は困難で

三脚にカメラを固定して自由に動く雲台と照準器は必須です。・・・運動神経の良い方は手持ちで撮ってみえますけど

このカワ子ちゃん餌をくわえたまま、猛スピードでどこかへ飛び去った
17-03-21-05.jpg

この日は少し待ったら、もう一度やってきてダイビングしてくれた
17-03-21-08.jpg

私は、カワセミ撮影の場合はAFモードを【ロックオンAF:拡張フレキシブルスポット】に設定して被写体を追随します

猛速で移動する被写体を撮影するとき、シャッター速度が遅いとピントが甘くなるので、ISOを1000以上に設定して

SS1/2000以上になるよう気を付けています。晴れた日はISO1000で1/8000くらいまで稼げます

我が愛機はAF測距が79点で昨年までは、APS-C機の中で最高であったが、

昨年発売されたニコンのD500はは153点で、追い抜かれてしまった

ただし、我が愛機は、カメラにAFレンジコントロールが装備されていてフォーカスが迷った場合の復帰が素早いので

高級なレンズに負けないAFスピードが得られるのも、貧乏な私のサイフに優しくて嬉しい
17-03-21-09.jpg

欲を言えば、ゴーヨン、ロクヨン、ヨンニッパ、などと呼ばれるゆうに100万円を超えるレンズを使えば、もっと綺麗に撮れて、

ピントもシャープであろうと思われるが・・・・・使った経験がないので分からない”涙”
17-03-21-10.jpg

このようにカワセミ撮影には腕も必要だが、カメラ選び、レンズ選びも大切な要素になる
17-03-21-06.jpg

そんなわけでカワセミ撮影は難しい・・・だけにピントがあって撮影できた時の喜びは大きくて、やめられない



色々書きましたが、私など小鳥の撮影はビギナーでして、ベテランの方から見たらチャンチャラ可笑しい

写真しか撮れてませんが、これからも研鑽を積んで少しでもベテランの方々に追いつきたいと思っています
17-03-21-07.jpg
カメラ:SONY α77Ⅱ
レンズ:ミノルタ AF APO TELE 400mm F4.5 G
撮影モード:RAW
現像ソフト:SILKYPIX Developer Studio Pro5
撮影日:2017年3月11日

いつも訪問頂き有難う御座います。

ランキングに参加しております。下記ソニーのバナーをポチッと応援お願い出来ましたら更新の励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回は効率的に撮ることができたようで良かったですね。其れまでの数限りない苦労の時間が一瞬にして霧消する瞬間だったことでしょう。また、やる気になりますね。

No title

カワセミのダイブ お見事ですね・・・
本当に α77m2 + ミノルタ HS 400mm での撮影ですか?
私にはとても撮れません。
機材より 腕前ですね・・・
修行しないと・・・・

照準器

dさん、こんばんわ。

久々のカワセミ撮影でも、これだけの写真をゲット!
「流石です!」の一言です。
自分はと言えば、この間5回もダイブしてくれたのに、
600mm換算レンズでのテレ端撮影では、
LUMIX G7にあまりにも、甘えたばかりに、
ろくにフレーミングすら出来ず、ピンボケ写真の連発。( p_q)
ほんと、腕が落ちてます。間違い無いです。(笑)

ところで、照準器と三脚をお使いなのですね。
自分は、手持ち&肉眼撮影に落ち着いています。
っと言うより、照準器がイマイチ自分的には、
落ち着かず、なんだかんだで肉眼撮影です...。
やはり、カワセミ撮影に、照準器は良いものですか?
自分も、再度照準器撮影に再チャレンジですね。

カワセミ君

写真撮れてとても楽しく嬉しくてしょうがないでしょうね(*^。^*)

綺麗なすがたにうまれてカワセミ君は幸せ者ですね

沢山のマニアに撮ってもらえて

一枚一枚可愛い姿でよく撮れて凄いです

選ぼうと思ったのですが・・・無理!

自慢のブルー色で6枚目を選びます

AzTakさん

コメント有難うございます。

今回は上手に撮影できて、気分爽快です

うささん

コメント有難うございます。

この機材は、うささんに紹介して頂いて購入したものばかりです

ホントに良いレンズと、良いカメラを紹介して頂き有難うございました

Kenekさん

コメント有難うございます。

私は、どんくさいので、カワセミのダイブをファインダーで追えませんので

照準器便りでフレーミングしてます・・・ピントはカメラ任せです

従って打率は2~3割くらいであとはピンボケの山です

枝とまりの小鳥を撮るときは、照準器は位置確認用でピントはファインダーを覗いて合わせてます

どきどきベアさん

嬉しいコメント有難うございます

コンデジでは、激しい動きのカワセミのダイビングシーンの撮影はちょっと無理ですね

ミラーレスカメラの購入をお薦めします

6枚目を選んで頂き光栄です、来月の例会写真は、これにしようかな

プロフィール

dさん

Author:dさん
プロフィール詳細は下記の
QRコードでご覧下さい


ランキングアイコン
ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード